1. uncannyvalleyofthedolls:

    Ferris wheel and giant Japanese newspaper man at the Nagoya Pan-Pacific Peace Exposition of 1937.

  2. 1 10月 2014

    157 リアクション

    リブログ元記事:
    otsune

    otsune:

atahuta(無職) on Twitter: “コメダ珈琲の抹茶ロール、何かに似てるとおもったらコイツだな http://t.co/xNICgHpDdq”

    otsune:

    atahuta(無職) on Twitter: “コメダ珈琲の抹茶ロール、何かに似てるとおもったらコイツだな http://t.co/xNICgHpDdq”

  3. 1 10月 2014

    4 リアクション

    リブログ元記事:
    hachicolle

  4. asiadreaming:

masami nagasawa | 長澤まさみ

    asiadreaming:

    masami nagasawa | 長澤まさみ

  5. 1 10月 2014

    98 リアクション

    リブログ元記事:
    megazal

    megazal:

Kamigyou#2 (via tetsuo5)

    megazal:

    Kamigyou#2 (via tetsuo5)

  6. 1 10月 2014

    157 リアクション

    リブログ元記事:
    jada111

    jada111:

(7) Japanese sweets titled “chick” | wagashi etc. | Pinterest

    jada111:

    (7) Japanese sweets titled “chick” | wagashi etc. | Pinterest

  7. 1 10月 2014

    66 リアクション

    リブログ元記事:
    aesza

    aesza:

Beksinski

    aesza:

    Beksinski

  8. 1 10月 2014

    172 リアクション

    リブログ元記事:
    megazal

    megazal:

:PHOTOHITO

    megazal:

    :PHOTOHITO

  9. design-is-fine:

    A.W. Faber, illustrated price list of lead and colored pencils, 1897. USA. Via Melissa Easton. The complete list online: University of Houston

  10. history-of-fashion:

1735 Jean-Francois de Troy - The Lunch of Oysters

    history-of-fashion:

    1735 Jean-Francois de Troy - The Lunch of Oysters

  11. 30 9月 2014

    6,253 リアクション

    リブログ元記事:
    dc-ep

    「あたりまえ」を「ありがとう」と言うのが感謝
    「だから、なに?」を「おめでとう」と言うのが賞賛
    「もう、ダメだ」を「これからだ」と言うのが希望
    「なりたいな」を「なってやる」と言うのが決意
    「もういいや」を「まだ待とう」と言うのが忍耐

    言葉だけでも認識は変わる

    — 2chコピペ保存道場 : 言葉だけでも認識は変わる (via dc-ep)

  12. kawaii-kirei-girls-and-women:

    可愛い 新垣結衣 綾瀬はるか さんなど日本の可愛いキレイな女性の写真です♪ Japanese Kawaii Kirei beautiful girls and women 画像→

  13. torefurumigoyo:

新垣結衣

    torefurumigoyo:

    新垣結衣

    (出典: beatutifulwoman)

  14. (出典: papayfanny)

  15. 30 9月 2014

    490 リアクション

    リブログ元記事:
    k-nakama

    k-nakama:

    井上房一郎邸…。

    実は、この家は、
    名作住宅の、
    そっくりそのままの、コピーです…。

    オリジナルは、
    アントニン・レーモンドの自邸…。

    この家を建てた、井上房一郎という人と、
    建築家レーモンドの関係についても、
    いろいろと、お話はあるのですが、
    それはまた、別の機会に…。

    ともかく、
    1951年、
    当時建ったばかりの、
    レーモンドの自邸を訪ねた井上房一郎は、
    その設計をとても気に入り、
    図面の提供を受け、さらに、大工に実測をさせ、
    翌1952年、
    東西は反転していますが、
    そっくりそのままのコピーを、
    設計者公認で、建ててしまったというわけです…。

    中に入ってみると、
    建物を支える丸太が、
    むき出しになっています…。

    元々は、戦後まもなく、
    材料不足の時代の工夫として、
    安価な足場用の丸太を剥いて、組上げる手法が、
    レーモンドによる、
    この表現のはじまりだったのだそうです…。

    ただ、
    その直截さ、単純さ、経済性など、
    レーモンドが大切にしていた建築の原則が、
    非常によく表現されていたためか、
    その後も多用されることになり、
    今では、このスタイルは、
    「レーモンド・スタイル」、
    なんて呼ばれるようにもなりました…。

    建物の真ん中辺りには、
    屋根の架かった、
    中庭(パティオ)があり、
    庭に向かって、
    大きく開かれています…。

    庭の自然を、居住空間の一部、
    と考えていたというレーモンド夫妻は、
    しばしば、ここで食事をしていた、
    といいます…。

    実際、
    レーモンドについての本を見ると、
    必ず載っている、
    ここで食事をしているレーモンド夫妻の写真があります…。

    両側は、建物に囲われ、
    透明な素材の屋根が架かり、
    その先には、庭の緑が見えるパディオで、
    テーブルについて、夫婦で食事をしている、
    大層気持ちがよさそうな、いい写真です…。

    外観も、落ち着いていて、
    和風な感じもありながら、
    どこか、モダンな感じもあります…。

    レーモンドの事務所に、
    在籍していたこともある、
    前川國男の自邸なども思い出されます…。

    ここに、
    日本の、木造モダン住宅の源流の一つがある、
    ということなのかもしれません…。

    実は、
    このレーモンド自邸のコピー、
    この井上房一郎邸以外にも、
    もう一軒あるのだそうです…。

    日本住宅公団による名作団地、
    今ではなくなってしまった阿佐ヶ谷住宅の設計に関わり、
    レーモンドの事務所にも在籍していたことのある、
    津端修一さんの自邸が、それです…。

    オリジナルの、レーモンド自邸の方は、
    今では残っていないのですが、
    2つのコピーの方は、現存していて、
    その雰囲気を今に伝えている、というわけです…。

    こんなかたちでの、
    名作住宅の保存のされ方というのも、
    アリかもしれませんね…。

    http://knakama.seesaa.net/article/388077076.html